2019/12/05

ツイッターで日記付けてるので、普段こちらで書く必要性が感じられないけど、2ヶ月ほど経つとちょっと最近のことをまとめたい気持ちになる。

前回の日記は新潟の里帰り前だったな。あの頃から娘はとてもおしゃべりが上手になった。

語彙が増えたこともあるけど、コミュニケーションがよくとれるようになったし、歌を歌ったり、絵を描いたりする。

10月におかいつのコンサートに行った翌朝、娘が「ムームあえたね」と言った時は妻と声を上げて驚いた。じいじばあばを覚えていたりと記憶力もいつの間にかアップしている。

僕が仕事の日は、お風呂と夜の寝かしつけの時しか一緒にいられないけど、それでも日に日に変化していく娘の成長が手に取るようにわかる。0歳児の成長も著しいけど、1歳児の成長も凄まじい。夜寝るとき「そろそろ寝よっか」と声をかけると、こちらを振り返りニカッと笑い、絵本を選んでトコトコと寝室へ向かう。僕が寝てると「とっとーあそぼうよー」とねだる。最近は羊のぬいぐるみと一緒に布団に入り「たのしいね〜」とニカッと笑って布団から出て、また布団に入りを繰り返すのが流行っている。可愛い。

 

もうそろそろ今年も終わるといこともあり、家を形にしたいという思いが僕も妻も強く、お互い一生懸命作業している。妻は物置部屋の片づけやインテリア関係をあれこれしていて、僕はリビングに飾る写真を作っている。クリスマスまでに間に合うといいな。そういえば、この前、妻の両親が泊まりに来て娘のプレゼントを買ってくれた。その夜はみんなで近所の温泉に行った。里帰りしたときのお義母さんは仕事とおもてなしに忙しくてゆっくり娘と遊んでいられないのだけど、今回はお客さんだからまったりと娘と過ごせて嬉しそうだった。よかった。

 

いやー、しかし、春以降、友達に誰とも会ってないな。このまま年を越してしまうのが少し寂しい。来年はもう少し会っておしゃべりできるかな。どうだろう。

 

あと、ここ最近で変わったことは、ツイッターで介護アカウント作ったこと。大したことじゃないんだけど。驚いたのは、副業目的の介護ブロガーなる人が腐るほどいること。僕も介護のはなしを書くつもりでいて、それが少しでも世の中の役に立ち、少しでも家計の足しになればと思っていたけどそう簡単ではなさそう。とは言っても記事は地味に書き溜めているけど。ただ、やっぱり方向性がなかなか定まらない。ケアマネになって困ったこと解決したことを体験記的な感じで記録していこうと思っていたのだけど、特色ないと読まれないだろうし、僕を込めると作品化してしまいがちで役に立たなそう。その塩梅がむずかしくうまくい書けていないのが現状。

そんな中、先日、小島美羽さんの活動を目にしてなんとなく腑に落ちた気がした。いま僕がやりたいことは絵本なんだと。もう4年前から細々と着手してはいるけど一向に進んでいない絵本。なんとなく今ならできる気がした。ただ、介護のはなしも書きたいし、役に立つものも作りたい気持ちがあるので同時進行で進めていけたらいいな。このグダグダ具合、、いかに悶々としているかを物語ってるなあ。

 

さて、職場に到着する。仕事しよ。