2019/10/6

最近の娘の朝は早い。6時前にスクッと立ち上がりひとりでリビングに向かうこともある。眠い目を擦りながら僕と妻はのそのそとそのあとを追いかける。
ごはんだよーと言えば手を洗いに洗面所に行くし、お風呂入ろーと言えば一人でお風呂場に行くし、寝よーと言えばお気に入りの絵本や玩具を持って寝室へ行く。こうやってひとつひとつ言葉が通じてるのが実感できるってとても楽しい。娘が「かっかとっと」と呼んだり「おはよう」とか「ありがと」とか返してくれるのも感動的だ。
あらゆる場面を残したいと思うのだけど、娘の手の届くところにカメラを置いておけないので、家の中の写真や休みじゃない日の写真がめっきり減ってしまった。特にフイルム。無意識的に何気ない写真が撮れるコンパクトカメラは手元に置いておきたいなあ。
残すといえば、日記。9月に入ってからはツイッターに日記をつけている。というのも、絵日記も手帖日記も続かなかったから。字を書くことが向いてない気がする。どうも億劫になってしまう。とりあえずツイート日記は続いている。できればそれを四コマ漫画に落とし込みたいので、なんでもないけど忘れたくない日々を記していきたい。
忘れたくない日々といえば、娘が生まれる前の日々。娘の誕生が完全に区切りとなっていることもあって、それまでの日々をどうにか作品として形に残しておきたい。あの時にしか感じることができなかったことがたくさんあった。時間が経つにつれて曖昧になってしまいそうだし、今の僕とあまりにもかけ離れてしまうと作ることもむずかしくなってしまう。夜な夜な、もしくは早朝に作業開始してみようかな。
開始してみようかなといえば、介護のはなし。お役立ち情報を発信したいとずっと思っているのだけど、どう考えても僕に向いていない。日記と一緒で続けることはむずかしいだろう。だから、やっぱり僕らしいもの(僕が続けていけるもの)にしないとなあと思っている。そこにはやっぱり物語りが必要不可欠だ。あとは、生活の足しにしたいという気持ちも強い。それが僕のスキルアップに繋がるようにもしたい。
スキルアップといえば、ケアマネ4年勤めれば、社会福祉士の受験要項の実務経験に該当する。そのあと、1年ちょい養成学校通えば受験資格を満たす。それまでちまちま勉強してなんとか社会福祉士とって転職したいなあと思う。何はともあれ、それまで経験をたくさん積んでおこう。
こうやって前向きなことだけ書いてると、少しだけ元気が出る。そういえば、再来週に新潟に里帰りする。綺麗な紅葉がみられるといいな。